早く確実な品質を持っていると思います

 

事前に見積もりを頼んだのですが、すぐ来てくださりとても助かりました。

 

今回は私のみ仕事の都合で長距離の引越しでした。

 

単身なので、荷物も自転車、布団、テレビ、ダンボール二箱(洋服や雑貨など)のみでした。

 

実際引越しの荷物を取りに来ていただいた時、階段に梱包材をまいたりと気遣ってくれました。

 

アートの引越し料金って高いですよね

私は自分で荷物を箱詰めして用意しておいたのですが、洋服用のダンボールや食器用のダンボールなども持ってきてくれました。

 

各サイズのダンボールや、ガムテープを用意してもらえたので、それは楽でした。

 

ガムテープの色で割れ物などを判断するそうなので、引越センター側からも楽なのだろうと思います。

 

実際引越し先に着いた時も事前にこまめに連絡していただいてとても助かりました。

 

搬入の時も床などに梱包材をまいたりしてくれて安心してお任せできました。

 

タンスやピアノ、本棚と本、など重いものがたくさんある家の引越しをしっかり手伝ってくれましたので、とても感謝しています。

 

挨拶も笑顔もとてもよかったです。

 

また引越しの際はこちらにお願いしたいです。

 

まず、転居先の間取りを絵に描き、どこに何を置きたいという事を明確にしておきます。

 

段ボールに詰める際はその段ボールをどこに持っていきたいかを考えて、箱詰めし、転居先での荷ほどきが簡単になるように考えます。

 

箱詰めは奥の方の荷物から行い、転居前の生活がしにくくならないように、考えていきます。

 

置きたい場所毎に箱詰めするので、例えば本ばっかりの箱が出来るなどそういった事が無いように考え、それぞれの箱の重量に大きな差が出ないように考えます。(自分で箱を動かす際に大変なので)

 

すぐ使う物、すぐに出さなくて良い物など分けて箱詰めし、段ボールの下面以外全てに何が入っているか、どこに持っていくものかを大きく書くようにしています。

 

【アドバイス】引越し、ここはチェックしておきましょう!

 

アートで引越しをしました。

 

アース引越サービスと迷いましたが、日程の都合でアートにしました。
(アース引越サービスも金額を安くしてくれた上、対応がとても良く好印象でした)

 

引越しをするにあたり、気をつけた事は以下の通りです。

 

賃貸物件は、部屋を引き払う時に大屋さんか管理会社が部屋に入ってキズなどを確認しますよね。

 

敷金が戻ってくるのか、逆に追加で修繕を払わなくてはいけないのかは、この立ち会い確認の結果次第です。

 

少しでも敷金が戻ってくるように、日頃から気をつけて生活するのはもちろんですが、入居時にはじめからあったキズの写真を取って証拠にするなど、色々努力している方も多いと思います。

 

このような努力に加え、最後のあがきといえるような技がひとつあります。

 

それは、立ち会いの時間です。

 

朝に立ち会いすると、窓から日光が入って壁や床を照らし、キズが目立ってしまう可能性が。

 

逆に夜遅くても、明かりを点けるので同様です。

 

つまり、日の光が強くは無いが、電気を点ける程ではない時間帯がベストです。

 

お部屋の日照条件やその日の天気により変わりますが、15時?16時くらいでしょうか。

 

気休め程度ではありますが、お金をかけないで出来る方法です。

 

時間的に可能であれば、試してみては。

 

また、あまりにも人口密度高いところや、山や海が見えないほどの大都会には住みたくないので避けてます。

 

そもそも育ったのが田舎なので、自然とあまりにもかけ離れた都会や、道路が張り巡らされて、ごみごみした感じのする場所の近くには住みたくないなと思います。

 

そういう場所にいると、人に酔うというか、気分が悪くなってしまいます。

 

都会でも、街路樹や公園がきちんと整備されていて、きれいなところなら良いのですが、一昔前の古い住宅が密集した地域なども避けたいです。

 

更新履歴